住宅について|所有している住まいを専門家に任せてみてみましょう

house

不動産の特長

契約が成立してからお金を支払う

不動産は、所有者と話し合いを行って売買契約を成立させることがほとんどありません。 仲介業者を通して優良な不動産を紹介してもらうことが大半であるため、まずはそのための媒介契約というものを締結しなくてはいけません。 媒介契約と言うのは、文字通り不動産の売買を媒介してもらうための契約のことを言います。 この契約を締結していると、不動産の購入希望者の条件に則った優良な不動産の情報を契約をした仲介業者から送ってもらうことが出来ます。 魅力的なのは、こうした媒介契約に伴う費用は後から成功報酬として一括で支払えば良い点です。 実際に契約が成立するまでは中途で契約を解除しても料金は発生しないため、その点をきちんと知っておかなくてはいけません。

特別な情報を教えてもらうことが出来る

媒介契約を締結しているときには、普通の情報とは異なった有益な情報を教えてもらうことが出来ることもあります。 この場合には、媒介契約のほかにコンサルティング契約というものを締結しておかなくてはいけません。 コンサルティング契約を締結しておけば、不動産に関する専門的な情報を随時送ってくれるようになります。 コンサルティング契約の特徴は、媒介契約とは異なった料金を支払わなくてはいけないことです。 より専門的な情報になるため、不動産のプロによるアドバイスを受けることが出来るため普通の媒介契約とは異なります。 確実に優良な不動産を見つけるのならば、このような契約を締結して料金を支払うことも一つの手段だと言えるのです。