住宅について|所有している住まいを専門家に任せてみてみましょう

house

価格を把握

数十年前に比べるとかなり値上がりしていることになります

不動産価格は長らく低迷を続けてきたというイメージを持っている人も多いですが、数十年という長い期間で見れば、右肩上がりの上昇をしていると言えます。バブル期に異常に値上がりをした時期はありましたが、その時期を除けば経済成長と共に緩やかに上昇しているのです。数十年前に不動産を保有していた人の中には資産価値が上がり、数百万円だった資産が数億円にもなっているケースもあります。100年以上前から都市部に不動産を所有している上場企業などは、含み益だけで大変な金額になっており、大きく業績が落ち込んでも保有不動産を売却することで、資金調達をすることができます。長い目で見れば不動産を保有するということはとても重要なことなのです。

不動産価格上昇のトレンドは変わりません

そして、これからもこの不動産価格が上昇し続けるという流れは変わりません。特にこれから不動産価格がさらに上昇していく気配がみられます。住まいを賃貸していた人も、これからはマイホームを持つということを考えておくべきです。但し、保有する物件のエリアには気を付けましょう。人口が減少してきているため、郊外の物件は資産価値が下がっていく可能性があります。持つのであれば都市部の優良物件を狙いましょう。1年や2年で多少値上がりしたところで数十年の単位でみればごくわずかなものです。少し価格が上がったからと言って怯むことなく積極的に売買契約の締結を勧めましょう。今行う積極的な判断が数十年後の自分を大きく助けてくれることになります。