住宅について|所有している住まいを専門家に任せてみてみましょう

house

査定だけで判断しない

査定価格の高さだけで決めない

一戸建てや土地などを高く売る為には媒介が適していると言われています。そして不動産買取に出す際にはまず査定をしてもらう事になりますが、査定価格の高さだけで媒介を依頼する業者を決めない事が大切です。 高い査定価格を付けてくれた業者ですと不動産買取を依頼したくなるものですが、しかしいくら査定価格が高くても現実に不動産買取に繋がらなければ意味がありません。また、査定価格が高い場合、相場をよく把握していない質の悪い業者の可能性もあるのです。そのような業者に不動産買取を依頼しても、いつまで経っても売れない可能性がありますので、高値を付けてくれたからといって鵜呑みにしない事が大切です。 高く、そして確実に売る為には豊富な知識と経験、営業力などが重要ですので、総合的に見て業者を判断する必要があります。

不動産の売却を検討する際に知っておくと良いこと

転勤や何らかの事情から不動産の売却を検討する人がいます。多くの場合で不動産を購入した業者にそのまま依頼することが多いですが、その際以下のポイントについて知っておくとよいでしょう。 まず挙げられるのが売却に伴う費用です。通常不動産会社などに売却依頼を出すと、売却価格の約3%程度の仲介手数料が発生します。また譲渡所得に伴う税金が発生する可能性もあるため、予め税理士や税務署などに相談し、ある程度の試算を依頼しておくと急な支払いに困ることはなくなるでしょう。 次に挙げられるのが不動産買取業者です。これは不動産買取りを主な業務としている業者で、上記の不動産会社の仲介と違い、自ら購入するため仲介手数料等が発生しないというメリットがあります。ただし不動産買取業者が不用な土地などは不動産買取を拒否をされることがあります。 上記のようなポイントを知っておくことで、不動産の売却を有利に行うことが可能です。そのためそれらのメリット及びデメリットをしっかり抑えておくことが重要です。