住宅について|所有している住まいを専門家に任せてみてみましょう

house

理由を知る

不動産選びのコツについて

不動産とは土地と建物のことですが、どちらを購入するにしても、普通は一生のうちで一番高い買い物になるはずです。不動産選びに失敗をしてしまうと、取り返しのつかないことになってしまいます。 そこで、不動産選びで失敗しないためのコツを知っておきましょう。 まず、基本的に不動産に格安はないということです。かつて格安のマンションがあり、そこを購入した住人は後からその格安の真相を聞かさせて驚愕だったと言います。その真相とは耐震偽造です。数年前に建築家が耐震偽造で問題になりましたが、そこから学べる教訓は不動産の価格が安い時は何か理由があるということです。 もし、同じような土地で見た目が同じ建物でも価格が安い時は注意が必要です。

金銭面で失敗しないために

住宅用に不動産を購入する場合、少し高値の不動産の場合、余程金銭的に余裕のある生活をしていなければ、途中で行きづまり、その不動産を売却しなければならない時もあります。また、売却をしないまでも働く理由のほとんどが家を維持するためだとしたらこれほどバカバカしいことはないでしょう。 そこで、事前に不動産を購入し、その後どれくらいのお金がかかるかを計算しておく必要があります。購入時の計算はできても、建物や土地を維持する費用の計算は度外視して考える人が多いのは驚くばかりです。 土地や建物を購入して何十年も維持するのであれば、維持費だけで数百万円は貯めてお金ければなりません。30年であれば1000万円ぐらいの維持費を考えておく必要があります。