住宅について|所有している住まいを専門家に任せてみてみましょう

house

査定だけで判断しない

不動産買取をする際には、査定を行い物件の金額を把握することが大事です。また、査定価格は目安しましょう。査定業者の中には、査定価格を大きくつけることもあるため、言われた価格で買取してもらうことができない場合もあります。

詳しくはコチラ

不動産の特長

不動産とは、所有者と話を行い住宅を売買契約の成立を行なうことは余りありません。仲介業者を通して不動産の紹介を行なってくれるところがほとんどになります。そのため、媒介契約というのは結ぶ必要があります。

詳しくはコチラ

価格を把握

不動産で手に入れた物件や土地を他者に売る時は、大半の人が価格が下がると考えます。ですが、住宅や土地の環境によっては購入した時よりも、高額になる可能性も秘めています。

もっと読む

理由を知る

不動産を利用して自分の財産を手に入れた時には、様々な問題が発生することがあります。例えば、安価でマンションを購入した時には、住宅の状態が悪く、住むことができないという問題もあります。そのため、良く調べることが大事です。

もっと読む

任意売却について

土地などの資産を売るならコチラをチェック!千葉で不動産の査定を高額に査定したい方は必見です!無料で金額が分かります。

横浜には不動産が沢山あります。このサイトで検索をするとお気に入りの物件を見つけることが出来るかもしれません。

競売の流れを知っておこう

ここ数年で任意売却という言葉を聞くようになりました。任意売却を理解するためには競売の制度を理解する必要があります。何故なら任意売却自体が競売を避けるために考え出された売却方法だからです。 例えば、事業を起こすのに1000万円必要な人がいたとします。この時金融機関から1000万円を借りたいのですが、なんら保証がない場合は金融機関もお金を貸してくれません。そこで、借主は1000万円の価値がある自己の不動産を持っている場合はその不動産を担保に1000万円を借りることが可能になります。つまり、抵当権を設定するのです。 もし、事業が順調にいけばそのまま借金を返し続けて、やがて全額返し終えた時は、抵当権が消滅します。

任意売却のメリットとは

ところが、事業が上手くいかずに、お金が返せなくなった時に、抵当権が実行されて担保が付いていた不動産が競売に出されます。ただ、競売で売却されると、様々な事情により、安くしか売却されません。例えば1000万円の価値がある土地でも800万円でしか売れないことがあります。そうなると、債権者としては200万円不足しますし、債務者としても不動産はなくなった上にさらに200万円の借金が残ることになります。 そこで、競売を回避するため、債権者と債務者と仲介業者の三者が話し合い、その不動産の価格を高めに設定して任意売却をするのです。そうすることで、債権者も(少なくとも競売されるよりは)満足が行く価格を手にできますし、債務者も手元に借金が残らなくなります。

新所沢で不動産会社をしているのがこちらです。一戸建てやマンションなどの情報を手に入れられるので利用するといいでしょう。